FC2ブログ

今ではやらない事

土曜、こんどこそは秘境へ!

仕事でしたw。

仕方無いです。
お客様からオーダー来たら 「休みです」 などと言ってられないですからねぇ・・・。
そんじゃ日曜はどっか外で撮影・・・

どうやら天候は雨らしいw。

・・・、
こんなイヤラッシ~な晴れ模様なのに明日はとたんに雨?
一応天気よけりゃ・・・

さて





天気が良ければ 時期ハズレの水着でも 撮影しよか 
なんては思ってたんですが。
100911.jpg


雨じゃ仕方無いなぁ・・・。


さて、 クッダラネェ事 ではありますがw、

このドールを再び 
ぼちぼちと小改造中 
(しょ~もない部分だけどw)
100911a.jpg 


前回の小改造では、
ソフビボディの腕には 肘関節 が無いので、
その辺りの所でぶった切って曲がる様な仕組に変えてしまった。
(写真は旧ソフビボディ用の腕なので、手首関節は付いている)。
腕 


今では滅多な事では聞かない
ソフビボディの改造。


私がドール世界入りたての頃は、
等身大ドール系のサイトを検索すれば、
ソフビボディの改造レシピの書かれたもの
に流れ着けたものです。
100911b.jpg 


でも、現在ではググッてもほとんど見つからなくなりましたね。
眼球可動化 だけは今でも探すと出てきます 。
(個人で工事の請負してる方もいますし)

まぁねぇ、
今のフルシリコンドールが高性能だから、
ドールを改造するなんて事しなくてもいい訳だし。


あちこち動いてポーズ作りたいなら、お値段が張る事にはなりますがグリップ系のシリコンボディを買えば済む事ですし、
ポーズなんて必要無く、見た目がいいだけならフリーのシリコンボディですね。


そんな中で、ソフビボディですか?
安い事がメリット・・・ですか?


フルシリコンに比べて はるかに扱い易い構造・重量 っというのも、大きなメリット(特徴)ではあるのですが。


でも、
私がこの世界に迷い込んだ五年位までは、
フルシリコンドールだろうがソフビドールだろうが、

等身大ドール自身がポーズ作るなんて夢のまた夢の世界だった。



野外撮影っても、せいぜいこんな写真撮る程度。
060710.jpg 


こうさんの所のドールお嬢様と、初めての野外ロケ。
当時やれる事と言ったら、並んで座った写真程度。
05-1225-12.jpg 


あえて言うと、当時のフルシリコンドールの方が扱いが厄介だったと思います。
この時、あまりの重量に撮影場所の公園にて、管理人さんの好意でネコ車(一輪車)を貸し出してもらったのはいい思い出ですw (ありゃ、リアカー借りてもいい位だったよw)。

当時は フルシリコンの方が見た目が圧倒的に綺麗  っという以外は、 撮影に使うだけならソフビの方が優秀 だったと思いますよ。

勢揃い写真を撮っても、フルシリコンのドールは皆 椅子にふんぞり返った姿 だったのですが、
ソフビ系は尻や背中に座布団一枚かませてやるだけで、背筋の伸びた姿で座れるのですから。
( 昔のフルシリはシリコンの反発が強すぎて、敷物してもその上からふんぞり返ってしまう。 下手すると摩擦の少ない椅子では自分の反発力でずり落ちたりしてた。 )


そんな ソフビの手軽さの利点に、
ある 別の角度 から目を付け始めた方が出てきていましたね。

動かない部分を動くようにしちゃえばええやん。

ソフビ素体なので比較的改造し易いのでは? っという発想だったのかもしれません。
腕が曲がらない、曲げにくいなら、曲がる様にしてしまえば? っという単純発想w。

でも、
やってみると以外とこれが難しいw。

一番の難点が 見た目と機能の両立 。

鋸引きで手足バラバラにするまではいいんですが、それを格好良く動くように繋げる事が出来ないw。

眼球可動化も、今では方法が確立された様ですが、当然初めの頃は試行錯誤で色々な方法が提案されては消えていった様です。

そのうち 「 フレキマネキンの部品を移植したら?」 「 イヤ、フレキマネキンにドールのヘッドを直接乗せたらどうか? 」 っという所までアイデアが進んでいったようです (後者はもう別次元の気がw)。

でも、

各メーカーの開発競争はフルシリコンドールの性能を飛躍的に向上させ、
今じゃドールが直立出来る所か、指でなにか摘み上げる仕草が出来るまでに進化しています。


ボディ造型でも、各種多用なメーカーの中から好きなもの選べは済む訳ですし。


苦労してドール破損覚悟で改造する必要がまるで無いw。


昔にあったねぇ・・・
こうやってドール改造しちゃう人を 「 アイツ等、ドールの気持ちが分ってない! 大事な体を傷つけて何が楽しいんだろう? きっと心が歪んでるとしか思えない! 」 なんて、過激な口調でBBSとかで論戦してた人達いたなぁ・・・。

そいや、オフ会の時に、写真撮る為にドールの手足外してセッティングしてたら、思いっきり 「 変な奴 」 だと思われた事もあったねぇ・・・ 。
私は出来上がった 写真(映像) が目的なんで、その為のドール設営が一時期 ドンデモ な時があったしねぇ・・・。

今じゃ、そんな事しなくてもいい時代になった訳だしねぇ。
1007024.jpg 


どおでもええ事やけど、稀に 「 魔改造した等身大は、レアな値段が付いて高く売れる 」 っと 勘違いする人 おるけど、普通小さいっ子ドールやフィギアの魔改造と違って 元のドール以上に美しい造型 にせんと、単なる不良改造 扱いで値段上がる何処か 思いっきり値引きの対象 にされるんでやめた方がええよ。
それに、
その本人には興奮モノの改造かもしれんけど、他人が見たら ただのドン引き行為 にしか思われんと思うから。

どうでもいい事最後にw

この方シリコンのセパレートだけど、アレの時は 着衣おぷれい が基本なんで関節気にならんしw。 
(お風呂で洗う時もラクチンだものw)
100911c.jpg 




スポンサーサイト



tag : 等身大 フルシリコンドール ラブドール

コメントの投稿

Secret

古谷さん、まいどです。

5年も前の写真を見て「5つも歳をとったのか」と凹んだこうです。
JW2・・・公称28kgのボディは30kgをかなり越えていましたね。
スノボケースのショルダーの付け根が解れていましたわ。

その点ソフビはええぞい。
着せ替えは手足引っこ抜けばどんなものでも着せ替え出来るし、
ばらして輪行袋にでも詰め込めば怪しまれずに大抵のところへ持ち込み出来ます。
何より軽いのが一番ですね。

我が家の稼働率は
ソフビ>AL>JW2になってしまいました。

こうさんどうもです。
もうお互い五年もこの世界でのたくってたんですねw。

私はソフビからこの世界に入ってますので、軽くて何処にでも持ち込める利点というのは十分に分ります。

でも、そうこうしてるウチに、シリコンドールの方が次々発展していき、重量も軽くなっているので、ウチではシリコンドールの方が可動率が高くなってますね。
プロフィール

古谷 えみ三郎

Author:古谷 えみ三郎
ここは等身大系・1/3ドール系好きの、しょうもない事を綴ったブログです。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
城 (1)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
ブロとも一覧

由莉奈と琴音の日記

ぱんしゅ党本部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
タグ

等身大 ユニゾン 野外撮影 フルシリコンドール 1/3ドール えみヘッド ボークス DD 軽量化ボディ オリエント工業 ネタ TPEドール マヤヘッド 雑記 DDⅢ 中華製ドール 補修 フレンド技研 DDdy CatDoll ポージング オリビアヘッド Lexenjoy まやヘッド ポータブルトルソ 花ヘッド ラブドール MSD SD クリスティーナヘッド シリコンアート 八潮秘宝館 GAME ネタ劇場 エイミー(仮)ヘッド 卓上フライス盤 酷道 アンジェボディ MDD シリコンセパレート セパレートボディ オビツ AL-R HOIⅣ 写真 ダム 廃墟 険道 figma 初音ヘッド 改造 溶接機 カメラ ウィッグ オブリビオン 城址 色移り 1/6ドール じじいの昭和与太話 メイク 散策 SD13 幼SD パラボックス グンマー REVOLTECH ガンプラ 野外撮影? コスプレ TPEドールの保管方法 小狸 ドール処分 オフ会 スカイリム プラモデル ネット詐欺 DD? 手入れ 廃線 オーダーメイド 柔らかヘッド 廃道 隧道  柔らかボディ オーダーメイク 軽量型ボディ PT ボークス? ヘッド DDⅡ  オビツ60 1/3ドール?