FC2ブログ

スーパードール AL-F(S) 見学

去年の年末。
私が持ってるシリコンドールの製造メーカー、ユニゾンへ所用にて出かけた序に、
110103.jpg

最新型も見学させてもらう事に。


さて、



去年の(2010年)年末30日、
以前から修理などの所用でメーカーを尋ねたかったのですが、
休日が曖昧な状態なので、なかなか行けない状態だった故、
無茶なお願いながら、私が確実に訪問出来る年末時期に時間を作って頂いた。

本来なら 年末休み中 であり、当然 ショールーム見学の予約なぞ受け付けない のではありますがw、

ウチに居候してる変な爺さんが 『 メーカーのショールームを半日借りたい 』 などという無茶なお願いなどもありw、
un001-t.jpg 


あえて営業終了以降にショールームを開けて頂きました。
無茶なお願いを聞いて頂いたメーカー様には感謝いたします。


『 ユニゾン歴史博物館 』 ですが、
< 首なしドールの写真 > や、一部 < 過激な表現 > などがございますので、
ここでは公開しませんのであしからす。
< 箪笥の裏サイト > にて <  レポート > のコーナーにてUPされていく様ですので、
閲覧は < 自己責任 > でお願いします。


さて、本題の AL-Fボディの タイプS 
( 今はこの マヤ嬢 がショールームの看板娘らしいw )
110103c.jpg


どっちがタイプSでしょう?
110103a.jpg


正解は 両方・・・ じゃありませんが、

ショートヘアーのマヤが、ウチの AL-F
(グラデーション塗装&柔らかボディ化プロトタイプ)。
ウェブのセミロングが 展示用の量産型 タイプS。
110103b.jpg

写真では解りにくいですが、
量産型のボディでは陰影塗装がよりくっきりと施され、
同じ造型ながら見る角度によってはバストがより大きく見える感じがします。
( あくまでも 視覚的効果 ですので個人差があります )


さて、その ボディの柔らかさ ではありますが、

従来のボディと比べて、
胸の柔らかさに関しては一番w。

110103d.jpg

私にはもっとも柔らかい感触でしたが、
聞くところによると、他社メーカー製のドールでもっと柔らかいのがある という事があり、
個人によっては まだまだ大した程のものでもない っと感じる方もおられるかもしれません。

さて、胸以外の柔らかさは

・・・、

・・・、

確かに、お尻や太ももなんかも、ウチの AL-Fエロス に比べては、柔らかいといえば柔らかいのですが・・・。
胸の時に感じた様な、極端な柔らかさは感じません。


理由

あるオーナーさんが、メーカーに 究極の柔らかさ っというスペックを注文したらしい。
もう、その 文字通り スペックSで表現出来る最大限の技術をつぎ込み
そのドールの柔肌には、抱えれば人の指の形に沈みこみ、
腰掛ければ自重でお尻が人と同じ様に潰れるほどの柔らかさらしい。


唯一の至高のボディ

を作り出した・・・ までは良かったらしいのですが。

とにかく、その製造過程が、
おおよそ量産化出来ない程の高コスト。


そして、至高の柔らかさ故にシリコン表面が脆弱で、
衝撃や変形に弱く、長時間同じポーズを作らせたり、同じ体勢で寝かせっぱなしや座らせっぱなしにしてしまうと、床ずれや自重による変形などをおこしてしまったとの事。
しかも、一度強い圧力で凹ませてしまうと、復元力が弱いのでなかなか元に戻らない などのいくつかの問題点があった。
しかも、当然ながら ブリード の染み出し量も半端ではないらしい。

ええ、昔から 究極に柔らかいシリコンボディ ってのは存在したんです。
ただ、シリコン材は柔らかくしようとすると、おのずと含まれる油分が増えてしまう為に、
ドールが油っぽくなってしまうのですよ。
凄いよ?、昔のフルシリコンドールw。
染み出す油分で常にテカテカw。
しかも、一箇所に放置すると、お漏らししたみたいに油分が他の物へ広がっていくし、
フローリングに置くとワックスがけしたみたいになるらしいし・・・。


なので、私がショールームで出会った量産型のスペックSに関しては、
製造コスト面や、 初めてフルシリコンドールを扱う方でも十二分に扱える範囲
に押さえてあるとの事。

それでも、従来よりは柔らかい事は確かなので、
扱う場合はちょっとばかりの注意が必要です。

ウチの ALエロスボディ でさえ、
撮影の運搬時にちょっと尻をぶつけただけで少し凹みが出来てしまってます。
また、長時間同じポーズを作らせていると、
シリコン表皮に シワ が出来たり、
座らせっぱなしだとお尻が変形してしまう可能性もあります。

( ウチのは、ショールームで足組状態で長時間放置されていたので、大腿の付け根にシワが出来てしまって元に戻らないw )

こんな怖い事書いておいてなんですが、
私の感想ではありますが、

あの量産型タイプSなら、
それほど怖がる程のものではないと思う。


強いて言えば
フルシリコンドール相手にAVみたいな
ベリーハードな床上珍珍体操にしか使わない予定な方は、
他社メーカー買う事をオススメしますね。

( そんなケダモノ野郎には、オリエントのセパレートがオススメw ) 

さて、注文時に

ボディ仕様を下記から選択できます。
AL-F(spec.S):「柔らかさ」優先
AL-F(spec.L):「軽さ」優先


っとありますが、
違いといいますとボディの柔らかさの他はドールの重量ですが、

AL-F(spec.S) 約22kg前後
AL-F(spec.L) 約20kg前後

・・・、
たがか2kg、されど2kg。
でも、ドールの色気に惑わされた人は、その場は2kgの重さなんて忘れると思うな・・・。


さてさて、次は 関節トルク

ユニゾンドールと言えば
他のユーザーさんが 『 なんかドールが可哀相だよ 』 などと、
要らぬ心配をされてしまう程のw
独特の関節可動音

もう ギーギーギコギコ と音をたてる関節は、ある意味 元気の良い関節の証拠 だというのが、
ちょっと前までのスーパードールユーザーの認識だったのではw?

一昔前までは、ポージングドールがウリだった訳ですから、関節がかなり固めに設定されていたのはもう過去の時代。

あまりにも扱いにくい関節や、
可動時の音はかなりの不評だったらしく、
現在では 完全ポージング仕様が 100% なら、
通常は70%程度 に設定するらしい。
当然、注文時に各オーナーでトルク感覚は決められるのでこの限りではない。

参考程度に書いておきますが、

完全ポージング仕様(トルク100~120%設定)なら、
ドールは完全に直立できます。

101124j.jpg

ただし!
関節の扱いが難しくなり、
操作方法を誤ると、
あっという間に関節を粉砕しやがりますw。
しかも、珍珍体操には向かないw


メーカーが推奨するのが 基本70% 設定
あの独特の関節音がなくなり、
可動もスムーズに行えます。
基本的なポージングが出来る程のトルクはありますので、
ポーズを作って楽しむ事も出来ます。
ただし、この様な直立姿勢を作る事には不向きになります。
( 出来ん事はないが長時間の立位は不可 )
101124a.jpg 


無理に体勢を維持するほどのトルクではありませんので、
布団の上で使用するにも問題無いと思われます。
なにより、体位を変えてもらう時に、
雰囲気を粉砕する関節音がしなくなったのはよい改良点だと思いますw。

そして、
添い寝仕様 なるものがw
トルク 50~30% 設定

関節トルクが50%までに下げると、
もうシリコンの反発を押さえ込む程度のトルクしかありませんので、
柔らかボディ系にしますと、人の動きに合わせてドールの関節も動く様になります。

ショールームデモ機も、一体はこの50%設定ですので、
ドールの手をとって上半身が軽やかに動く所をみられます(体験できます)。

ただし、トルクを最低レベル30%近くまで低下させてしまうと、
ほぼ フリーボディー化 してしまい、
当然ながら、50%ならギリでポージング出来るか出来ないかですが、
( ただしポーズの保持は期待しちゃダメ )
50%以下に設定なぞしようものなら
完全に 寝たきり娘 になります。


さてさて、これは オレサマ仕様 な話ですがw

ウチの古いA2.0ボディ、
トルク仕様は 手足トルク70% 
101127d.jpg 


腰部分30%以下w
101127f.jpg 


腰関節は完全にトルクを失っていますが、
他の関節は生きているので、床上珍珍体操が非常にラクチン・・・ゲフゲフ。



最後に


一月中にはリリースされる予定の、
ヘッドの <spec.S> も見せてもらいました。

『 ボディも柔らかくできたんだから、ヘッドも柔らかく 』 
っという要望から開発されたそうな。
ヘッドまで柔らくという発想は、私も思いつかなかったですね。

その柔らかさですが、

従来のヘッドとは別次元の物と言ってもいいでしょう。
( 未塗装ヘッドがS マヤが従来のヘッド )
110103e.jpg

唇もフニフニ柔らかく、
ほっぺを摘むと人に近い状態で潰れますw。


ただ、やはりボディ同様に柔らかくする事での 不具合 というのも当然あり、
柔らかボディ同様に扱いに慎重さを求められる事になる様です。

今の所 マヤ(まや?) ヘッドのみのリリース予定で、
正式発表後に顧客の反応を見て、対応ヘッドを増やすか考えるそうです。

・・・、
ここで残念(?)なお知らせw。

えみヘッドだけは、
現段階ではspec.S化する事は不可能w


根本的な構造そのものから見直さないと、
売り物に出来る様な代物にならんとの事ですw。

ええ 思い切って聞きましたよw
それが何かw?

( メーカーも、私みたいなアホが絶対に出てくると予測していたようだがw )




さてさて、ココまで長々と書きまくってしまいましたが、
少しは

購入までの参考になったであろうか?


昨今、等身大フルシリコンユーザーは増えているっぽいのだが、
こうして情報をのせるサイトは少なくなっている。

けっして安い買い物ではない世界です。
そんな買い物の判断材料の一つになってくれればと思います。



スポンサーサイト



tag : 等身大 フルシリコンドール ユニゾン ポージング

コメントの投稿

Secret

プロフィール

古谷 えみ三郎

Author:古谷 えみ三郎
ここは等身大系・1/3ドール系好きの、しょうもない事を綴ったブログです。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
城 (1)
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
ブロとも一覧

由莉奈と琴音の日記

ぱんしゅ党本部
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
タグ

等身大 ユニゾン 野外撮影 フルシリコンドール 1/3ドール えみヘッド ボークス DD 軽量化ボディ オリエント工業 ネタ TPEドール マヤヘッド 雑記 DDⅢ 中華製ドール 補修 フレンド技研 DDdy CatDoll ポージング オリビアヘッド Lexenjoy まやヘッド ポータブルトルソ 花ヘッド ラブドール MSD SD クリスティーナヘッド シリコンアート 八潮秘宝館 GAME ネタ劇場 エイミー(仮)ヘッド 卓上フライス盤 酷道 アンジェボディ MDD シリコンセパレート セパレートボディ オビツ AL-R HOIⅣ 写真 ダム 廃墟 険道 figma 初音ヘッド 改造 溶接機 カメラ ウィッグ オブリビオン 城址 色移り 1/6ドール じじいの昭和与太話 メイク 散策 SD13 幼SD パラボックス グンマー REVOLTECH ガンプラ 野外撮影? コスプレ TPEドールの保管方法 小狸 ドール処分 オフ会 スカイリム プラモデル ネット詐欺 DD? 手入れ 廃線 オーダーメイド 柔らかヘッド 廃道 隧道  柔らかボディ オーダーメイク 軽量型ボディ PT ボークス? ヘッド DDⅡ  オビツ60 1/3ドール?